トップページ > 活動ほうこく (2009年3月)
     
■大阪府議会2月定例会
2月24日(火)〜3月24日(火)
 医療費助成の削減見送りなどの修正を加えた09年当初予算案を含む定例府議会は3月24日閉会しました。 WTCへの大阪府庁舎の移転問題では、府民から寄せられたアンケートでも86%の方が反対であり、議会として2/3議決を要するという重要案件であるにも拘らず、 利便性、防災拠点としての機能、移転による効果など、多くの解明すべき問題点が残されており、議会に上程されて、わずか1ヶ月で判断するには、あまりにも拙速と私どもは判断しました。 結果として移転案は賛成が少数で否決されました。
 私は、最終日、討論で会派の見解を述べたのですが、普段の定例会とは趣が違い、大変緊張した24日未明でありました。
 
■小学校卒業式  吹田第二小学校
3月19日(木)
 私の母校でもある地元の小学校の第84回の卒業式に出席しました。 吹田第二小学校は、大正13年に開校され、第1回卒業式は大正15年3月に行われ、男子32名、女子21名の方が卒業。 今年度は57名の卒業生で、開校以来、卒業生の総数は12,706名になるそうです。
 私は、今も小学校の校歌を卒業生と一緒に歌う事ができ嬉しい限りです。
 また、校庭芝生化事業として東運動場が整備されていた。 大阪府みどりの基金助成金やトラスト協会の助成等の財源で、維持管理等については、学校、保護者、地域、NPO団体が一体となって実施され、 活動を通じて子どもたちの健康づくや、育成、地域連携を目指す。とのことです。 健やかに芽が育ち、一日も早く、緑の絨毯になれ!と願います。
 
 
■青年ミーティング  吹田市勤労者会館
3月22日(日)
 吹田市・摂津市合同で青年層の意見や要望を伺う機会として、初めて開催。20〜30代の男女40名が参加されました。
 各議員から大阪府、吹田、摂津市の就労支援、子育て支援、若年女性の健康支援等について報告。 取り組みについての質問、課題について意見交換がされたところです。JOBカフェについての質問も多く、就労で悩む若年層がいかに多くいるか、が判りました。